デザインが豊富になった切手

古来から人と人をつなぐ手段としてあった手紙が現在において問題なく届くようになったのは郵便制度ができたことが大きいのですが、その郵便をする際に必要となるのが代金引き換えとなる切手の存在です。 この切手が出来たのは明治時代の海外からの手紙を運搬する郵便のシステムが輸入された時からですが、その切手の特徴として送りつける内容によって切手にはデザインが書かれていることです。 これまでのデザインには昔の偉人や風景が描かれている物が定番であり、その理由は偉人や風景をデザインとして使うことで緻密さが生まれることで偽造防止に役に立っていたのです。 そして現在のデザインの多くは偽造に対しての防止策が得以外の部分で伸びたことで、この絵自体にも変化が訪れています。 それは偉人や風景ではなく子供や大人でも楽しめるように、現在の日本の文化であるアニメーションを利用した切手といったデザインを自由にして個人が相手に好まれるような物が流通するようになっています。