意外と知らない切手の貼る位置について

切手を封筒に貼る場合どこに貼ればいいのか悩むことがあります。実は切手は貼る位置が決まっているのです。何気なく貼っている人も多いですが決まりがあるため正式な場所に送る場合や結婚式の招待状、上司などの目上の方に出す場合は間違って貼ってしまうと恥ずかしいだけでなく失礼にあたる場合もあります。正式な切手を貼る位置ですが、縦長と横長の封筒では貼るいつが違っています。縦長の封筒の場合は左上に縦に並べて貼るようにし、横長の封筒の場合は右上に右側から左に切手を貼っていきます。これは郵便局で消印を機械が押しているためこのように決められているのです。この位置で切手が貼っていない場合は手で消印を押すことになってしまうのです。しかし位置が違っていても問題なく届くようになっているので、もし間違って貼っても無理にはがして貼り治す必要はないです。しかし基本的なマナーとして知っておくといざという時に恥ずかしい思いをしなくてすみます。